家の鍵がない(紛失・落とした)ときの対処方法

家に帰ってドアを開こうと思ったら “今そこに鍵がありません…”経験していない?

もちろん、私は鍵なしで家に入ることができないので、困っています。

私ができる限り多くのことをいつも持ち歩いている家の鍵となるはずですが、あなたはそのような重要なことをどこに置いたのですか?

そのような場合には、困ったことが多くなればなるほど、あなたはもっと混乱します。頭の内部は白くなります。

私はどこでそれをやったのか分かりません。

このような状況に陥ると、どうすればいいでしょうか?

このコラムでは、家の鍵を紛失したときの対処方法を紹介します。

当分の間落ち着いてみましょう!

もう一度あなたの周りを確認してください!

私は家に入ることを考えましたが、正面玄関までずっと入ってきました。「鍵がないので家には入ることができません!

私は驚くべき鍵がないことに気づいたが、私は驚くだろうが、できるだけ早く、焦りは禁じられている。

今は心を落ち着かせましょう。

せっかちな人でもキーが出ない。

感情のマージンはなく、状況を悪化させるだけです。

手元に鍵がないので、どこかにあるはずです。

・行動を振り返る

まず、あなたの記憶をトレースする必要があります。

私が何をしているのか、今日の記憶に従ってみましょう。

・バッグやポケットに入れる

あなたの個人的な所持品を調べましょう。

あなたのバッグのポケットの中にいないのですか?

あなたが着用しているポケットやスカート、ズボンの底など、いつも使っていないポケットの中にいるかもしれません。

・あなたの家族に告げる

あなたの家族があなたと一緒に住んでいるか、近くに住んでいるかどうかをお知らせください。

あなたの家族は予備の鍵で開くことができます。

・目的地

家に帰ってきたお店の鍵を忘れていたのではないですか?

ショッピングや買い物の瞬間にキーをどこかに置くこともあります。

また、財布を出したときに一緒に倒れてしまったこともありますので、店に連絡してチェックしてみましょう。

まだキーがない場合は、まず警察に通知しましょう

あなたが考えている場所を探しても、それを見つけることができないか、深夜に落ちた店を運営していない可能性があります。

そのような場合、紛失した品物を警察に報告することは安全です。

鍵なしで家に入ることはできないので恐ろしいかもしれませんが、おそらく鍵を見つけた人が警察に届け出るかもしれません。

たとえそれが管轄下の警察署ではないとしても、近くの警察署に対応するので、紛失した品物をできるだけ早く通知しましょう。

レンタルの場合、家主や管理会社に連絡してください!

あなたが賃貸物件に住んでいる場合は、所有者と管理会社に「キーがないので家に入ることができません」と伝えましょう。

所有者または管理会社がスペアキーを持ち込むと、それが開くことがあります。

近年、誤使用を未然に防ぐために、全ての鍵を居住者に預かり、管理会社等を保管しない場合が増えている。

しかし、セキュリティ上の理由からも、鍵がないという報告は貸し手にとって必要となる。

あなたがあなたの家の鍵を失ったときにしてはいけないこと

あなたは鍵なしで家に入ることができないので、決して開こうとしないでください。

キープロではない人は、強制的にキーホールを演奏すると壊れることがあります。

あなたの鍵を紛失したときにやってはならないことがあるので注意してください。

ピッキング

ピッキングは、ワイヤーまたはヘアピンで鍵穴を開くことです。

あなたが専門家になるときは、[ピック]や[テンション]などのプロフェッショナルツールを使用してロックを解除しますが、そのようなツールは有資格者のみが開くことができます。

さらに、そのような特殊なツールをマスターするために高度な技術が必要です。

私は自分の鍵を紛失したとき、気をつけています。

そのような時に、技能を持たない人がワイヤーのようなものに近づけて開こうとすると、鍵穴が壊れる可能性があります。

ヘアピンなどで最初に開くことができる鍵は、南京錠のような低い犯罪防止の鍵です。

家の鍵を簡単に選ぶのは危険ですので、決してそのような行為をしないでください。

鍵を持っていなくて家に入ることができないときは、基本的に請負業者に相談してください!

私が帰ってきたときに夜遅くなることもあります。

「鍵がないため家に入らない」と気づいたときは、深夜の時間帯に家主や管理会社に連絡できないことがあります。

真夜中に家に入っていない場合は、夜明けを待たなければなりません。

このような場合は、主要業者にお問い合わせいただくことをお勧めします。

多くの業者は1日24時間営業していますので、困ったときにすぐに来ます。

私は私の鍵を失う場合、私は変更する必要がありますか?

キー代理店に質問するときにキーを交換する方が安全です。

また、キーを見つけた人が空のバスケットに入る可能性もあります。

そのような被害を受けないように鍵を交換しましょう。

キーを交換するときは、安全性の高いキーとして保管することが安全です。

ただし、賃貸物件に住んでいる場合は、任意にキーを交換することはできません。

あなたが鍵を交換し、あなたの同意を得ようとしていることを管理会社と家主に常に伝えます。

あなたが鍵を交換したとしても、あなたが所有者または管理会社に黙っている場合、退社時に鍵の交換を請求されるなど、後で悩まされる可能性があります。

許可を得て交換した場合でも、所有者に鍵を入金する必要があるかもしれません。

私が入ったときに契約などを見直そう。

まとめ

私が鍵を持っていないとき、私は家に入ることができないので急いでしまう傾向があります。

しかし、一度落ち着いて、しばらくの間、個人の持ち物を探しましょう。

確かに、紛失したアイテムの通知を最寄りの警察署に掲示しても安全です。

どうしても見つからない場合は、管理会社または家主に連絡してください。

「鍵がないので家に入ることはできません」と言えば、予備の鍵で開けることができます。

しかし、家に帰る時間は遅かったし、管理会社とオーナーの営業時間は終わったかもしれない。

そのような場合は、キー業者にロック解除を依頼してください。

キーディーラーは24時間オープンしていることが多いので、深夜でも自信を持って尋ねることができます。

また、業者に尋ねるときは、セキュリティ上の理由からキーを交換してください。

安全性の高い鍵で交換することは安全です。

管理会社や家主からの許可が必要なので、マンションに住む人に連絡して家賃を支払うようにしてください。

関連記事

ページの先頭へ